スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.12/15(Thu)

気持ちの整理。

あと半月で今年も終わりですねぇ。
そのうち3分の2、彼は日本にいない・・・と言う。
なんとも寂しい年末ですなぁ。

最近、良く考える。
この片思いから卒業したいと常々思っている。
やはり長すぎるのは良くないんだろうなぁ。

このマンションを決めた理由は
彼が泊まりに来れる距離・・・と言う事だけ。
別に一人暮らしをする必要もないっちゃなかった。
まぁ、実家は出た方がいいかなぁとも思ったけど、
出るにしても、こんな繁華街の高いマンションじゃなくても、
もっと職場に近いそこそこのマンションで良かった。

だけど、彼に泊まりに来てもらいたい。
ならばいつも飲みに行ってるところから徒歩で帰れるところ。
・・・と言う理由だけでここに決めた。

新築だったので、契約してからもまだ入居はできなくて。
入居を待ってる間、「でも、泊まりに来る事なんてあるんかな?」って思ってた。
で、その時にドリカム事件があって。
それは確か10月くらいには和解したんだけど、
彼はその後すぐに海外出張に行って。
帰国日に会ってから(この話、偶然昨日書いたな・・・)、年が明けるまで会わなかった。

で、マンションに泊まりに来る事はないなぁって。
多分、記憶は曖昧だけど、ずっとメールしてたけど、会えなかったんだろうな。
もうこのまま会えないんだなぁ、やっぱり無理だなぁと思って、
年末に携帯から彼のアドレスとかを全部消したんだと思う。

そしたら年始に電話がかかってきて。
私は準夜で、仕事が終わってからすごい久しぶりに会ったんだった。
いつもの和食屋さんから出て、彼に言われた一言。

「今日、泊めてな」

あの時の衝撃は忘れられないなぁ。
ビックリして。ビックリしてないフリしてたけど、
めちゃくちゃビックリしたんだよねぇ。

その時の記事がコレ→

そんなこんなで彼はうちのマンションに呆気なく泊まって行った。
マンションに引っ越して良かった・・・と思った。

きっと今までの8年間。
こういう事が繰り返し行われてきて。
梅さんも大好きだったけど、ずっと心の中でロッシーがいたんだと思う。
ロッシーの事はもう好きになってはいけないと思っていた。
梅さんは既婚者だったし、職場でいい関係性を保っていたから
いい感じの「好き」だったんだと思うし、好きに嘘はなかったし。
好きな人がいるほうが仕事も楽しいし、ロッシーを忘れる(?)為には
とてもとても必要な時間だった。

でも、ダメなんだよね。
どうしても、どうしても忘れる事ができない。
いつも密かな期待を持っている。

マンションにはもう泊まりに行かない、と言われた事もあった。
だけど、その言葉を言ったあと、彼はすでに2回泊まりに来ている。

ホント、1回ちゃんと付き合ってくれないかな。
付き合ってそれでダメなら諦めもつくんだろうけど。
昔の記事とか読み返しても、なんども忘れようとしている。
何ども携帯から彼のアドレスを削除している(笑)

ここで1回付き合って、お別れしたとしても、
きっと彼を嫌いになる事はないだろうと思う。
「やっぱり友達のが良かったんやね」と言う結果が導き出されるのではないか・・・と思う。

もしかしたらめちゃくちゃうまくいくかもしれない。
こんだけ嫌なトコを知ってて、こんだけ相手にちゃんと言える間なら。

気持ちの整理をつけようと思って、この記事を書き始めたのに
結局、気持ちの整理なんてつかないよ。

何かの本に「期限を切るのが大切」と書いてあった。
すでに賞味期限はとっくに過ぎている感じがする。
新郎くんが言ってた「腐ってる」と言うのはこのことだろうか。

はてさて、どうしたものか。
私はやはりどこかで答えを求めている。
梅さんを好きだった時の方が随分楽だったんだなぁと今更ながら思う。
何も求めていなかったから。
困ったものだ。
スポンサーサイト
23:52  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://vivablog.blog47.fc2.com/tb.php/670-ba69a30a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。