スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.12/17(Sat)

好きになったきっかけ。

このBlogを読んで下さっている方は好きな人を好きになったきっかけって覚えてますか?

高校の時、彼とはそんなに面識なくて。
同じバレー部の子の元彼だと言う程度でした。
その子が彼を下の名前に君をつけて呼んでいたので、
なぜか私も同じように呼んでいました。
でも、実際は直接話した事もほとんどなくて。

修学旅行で、私が怪我をして。
初日に怪我をしたので、毎日退屈で。
先生がトランシーバーとかで遊んでくれてたけど、
足を怪我したからそんなに動くこともできなくて。
ロッジで毎日待機してたんですね。

何日目の事か忘れたけど、突然ロッシーが私のトコにやってきて、
「これ、持っといて」
と言って、マフラーを渡してきたんですよねぇ。
それまでホントにほとんど話した事もなかったのに。
黒いマフラーだったなぁ。
彼は高校時代、何故かモテていたので、周りの子に「いいなぁ」って言われたな(笑)

それからもあまり話す事とかなかったんだけど、
何故かずっと気になる存在になってしまっていて。

文化祭で彼のクラスは演劇をしていて。
たまたまうちにビデオカメラがあったので、その演劇を録画して、
彼に渡したのは覚えてる。
食堂の前のベンチ辺りで渡したなぁ。

で、卒業して10年後。
同窓会をきっかけに再会するわけですが。
卒業してからもずっと好きでした・・・とかではないですよ。
彼もホントは私の事なんて覚えてなかったんじゃないかな。

同窓会委員になって欲しいって最初はこのBlogにもちょくちょく出てくる新郎くんから電話があって。
その新郎くんに「僕の事覚えてますか?」って言われて、
「ロッシーくんの友達ですよね?」って言ったからなのか、
翌日、ロッシーから電話がかかってきた。携帯に。
しかもその電話を私は看護学校のトイレの中で受けたなぁ(笑)

久々に聞く彼の声は高校時代と変わってなくて。
明るくて、声が大きくて。「久しぶり~」って言われて。
この人、ホンマに私の事、覚えてんのかな?って思ったけど。
うちの高校は商業科やったんで、女子の数がめちゃくちゃ多いんですよね。
♀300、♂80くらいやったと思うんですが。
そんな中で覚えてもらえるようなエピソードもそんなにないし。

で、第一回目の同窓会委員会が開催されて。
そこで10年ぶりの再会。
議題はいつ同窓会をするか、って事だったんだけど、
そこで決まった日は私が東京へ行く事が決まっていて、
どうしても出席できない日だった。

だけど、メンバーが私以外全員その日がいいってなってたから
まぁ、当日行けないけど、それまでの雑用を頑張ればいっか、って思ってた。
私は案外人見知りで。
皆は2次会に行くような感じだったけど、私は帰ろうと思って。
そしたらロッシーも帰るつもりにしていたみたいで。
最寄駅まで一緒に歩いた。

で、同窓会当日、私は同窓会に出席できない事を説明して。
その時に彼はパって手を出して。
握手、したんですよね。

この時、私、完全に彼を好きになりました。
何気ない事。
別に特別な事なんか何もないし、ほんと、なんでもない事だったんだけど。

それからは必死だったなぁ。
同窓会委員の仕事、大変だった~。
高校3年生の時に同じクラスだった子に電話をかけまくって。

どれくらいの間隔でロッシーと会ってたんだろ。
あの頃の彼は激動だったと思うなぁ。
再会した時はまだ奥さんと一緒に住んでいて。

同窓会が終わっても、ずっと会っていて。
初めてのバレンタインだったかなぁ。
チョコレート渡したくて。
でも、いつものお店には来てなくて。
電話したらもう真夜中だったのに、バイクで大阪から出て来てくれて。
でも、このまままた家に帰るんだったらチョコレートは渡せないな、と思って
結局チョコは渡さなかった。

バイバイしてから渡せば良かった・・・って後悔したけど、
そんなのもう遅くて。

そうこうしてると彼は別居した。
1番しんどい時期だったのかな。
私は彼と離れたくなくて。
毎日彼を待ってたなぁ。

いつも会っていたBarから今度は友達の家で会う事が多くなって。
彼は会社が終われば私の友達の家に直行してくれて、
友達と友達の彼氏と私と彼でご飯を食べて、泊まって帰る・・・と言う生活をしていた。
そんなに頻繁でもなかったけど、少ない回数でもなかったと思う。

あの頃、BとかBの妹に「2人の座ってる距離がどんどん近くなっていくね」と言われた。
昔はある程度の距離があったのにだんだん距離がなくなっていってるって。

実習が始まる前、彼は「決起会しよか」とメールをくれて。
中華料理屋さんで2人でご飯食べて。

実習が始まって、会えなくなって。
あの頃は私が1番焦ってた頃だな。
会わなくなったら、ダメだと思ってた。
彼もしんどい時だったのに、無茶苦茶な事を彼に言ってたと思う。

実習中に大げんかもしたなぁ。
彼が怒って、私がそれに逆ギレして。
電話がかかってきても出なかったんだけど、
彼は会社の電話からかけてきて。
番号が違うから出ちゃって。

その時、ジャイコの家にいたんだ。
ジャイコのお母さんがご飯を作ってくれてて。
食べ終わったくらいに電話が鳴ったんやったなぁ。
長い時間話して。話の内容なんて全く覚えてないけど。
高校の生徒会合宿の話をしてたような気がするな。

その電話も、彼は自分でかけなくちゃ!と思ったんじゃなくて、
Bの妹に何かを言われたみたいで。
それで電話をしてきたんだった。

長い長い実習が終わって。
彼からプレゼントをもらった。
彼の会社のファイルに入ったA4用紙の束。

開けてみたら、私が実習中に彼の携帯に送っていたメール達。
それをパソコンへ転送して、レイアウトしてプリントアウトしてくれていた。
あんなの、いつから「やろう!」って決めてたんだろ。
私が送ったメールだけを全部。
何だか感動した。今でも時々見返す。

国家試験も無事クリアして。
病院で看護師として働き始めて。
そこから会わなくなったんだよなぁ。
私も仕事に必死だったし、入職してすぐに私は足を怪我して。
そうそう。怪我して休んでる間にホームページを作ったんだった。

彼はその頃、また家に戻ってたんじゃなかったかなぁ。
私は彼が本当に好きだから、結婚したかった。
だけど、彼は別居を解消して、元の夫婦生活に戻ろうと頑張っていた。
だから、離れた。辛くて。
半年に1回会うくらい。それも偶然会うってダケで。
メールもほとんどしてなかったと思う。

ある日、気がついたら彼の薬指から指輪が消えていた。
一緒にダーツをしていて。彼の指から指輪が消えている事に気がついて。
涙が出た。
一生懸命頑張ってたのにダメだったんだなぁって。
彼はどんな思いをしたのかなぁって。
まだその時は離婚してなかったと思うけど。

で、それからしばらくして「離婚したらしいよ」と聞いた。
それでも、もう今更連絡できないなぁって思ってて。

でも、いつからかまた一緒に飲むようになった。
昔の関係性とは変わってしまっていたけど、会える事が嬉しかったなぁ。
それから考えたら、今は随分と進展しているような気もするけど。

あれ?何でこんな話になったんだ?
長々と思い出話を書いてしまった・・・。
ヒマってこわいね。
色々整理する時間だから、仕方ないか。

ここまで読んで下さった方、ホントにありがとうございます。
スポンサーサイト
03:31  |  日常  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011.12.17(土) 09:36 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://vivablog.blog47.fc2.com/tb.php/673-e6118478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。