スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.01/28(Sat)

2時間35分。

今日、久々に、ホントに久々にロッシーと電話をした。

2時間35分

今日の電話の時間。
たくさん、たくさん話をした。
少し真面目な話、笑える話。ちょっとした相談。お互いの性格の話。

ほんと、楽しくて。
あっと言う間に時間が過ぎて。
ほんわか幸せな気持ち。

電話を切った後もずっと笑顔でいられると言うか。
勝手に顔が笑ってると言いますか。
「あ~、幸せ」って勝手に心が思っちゃう。

やっぱり好きなんだよなぁ・・・。
どう転んでも。

気持ち伝えてもう会わない・・・なんて言ってたけど、
絶対に無理。

電話の前にメールしてて。
いつも行く和食屋さんで働いている高校の同級生Bとその彼氏が
そこのお店をやめちゃうんだけど。
まぁ、辞める前にロッシーと一緒に和食屋さんに行きたいなと思ってて。
31日に行きませんか?とお誘いメールしてみたら、
仕事が忙しいのか31日は無理っぽいから別の日に行ってきた・・・と返事があった。

だったら誘ってくれたら良かったのに・・・と思ってたんだけど、
そんな事はメールでは言えないので、そっか・・・と返事して。
ついでに言うと、一緒に行ってたのは女子だろうな、と想像もついていて。
そしたらまたお返事を頂いて、その中に
「まぁ、あの2人(同級生Bとその彼氏を指す)とはこれからも会うしな」
って書いてあって。

何だかめちゃくちゃネガティブになっていて。
『あの2人』って事は私とはもう会わないつもりなのかな・・・とか。
めっちゃネガティブ(笑)

で、そのメールから4時間後くらいから電話をして。
すっかりネガティブ思考はどこかへ行ってしまってたんだけど、
話してると、そっちの方向の話が出て。
一緒に行ってた相手は女子だったけど、私も過去に会った事がある人だった。
昔付き合っていた彼女だろうと思うけど、今はいい関係を築いている様子。
過去に会った時はその女の人を駅まで送ってから
お店に戻ってきて、私の家に泊まったので、今なんかの関係があるとは思えないので、
何だかホっとした。

メールの話になって、
「あの2人とはこれからも会うしな、って私は?って思ってん」って言ったら
「お前、どっか行くん?」って笑いながら言われて。
「どっこも行かへん」って言うと
「ビックリするわ。どっか行くんかと思ったやん。」って。
「お前、Bとかと3コ一なんか?」って。
「ううん」って言ったら「そやろ?そんな事、思っとったん?」って。
「お前、相当やな(笑)」って。「そんな事、思うんやなぁ」って。

ちょっとした事が不安になっちゃって。
自分から切ろうとしてたくせにね。
最低だな、私は。でも、ホっとしたぁ・・・。

別の話で新郎くんが柔らかくなった・・・って話をしていて。
それは奥さんのおかげやろな、って。
簡単に言うと、いつも愛されてる事が新郎くんを柔らかくさせてるって。
もっと長く理由を話してくれてましたがね。
簡単に言うとそういう事なんだろうと思うんだけど。

で、『私もずっとあなたを愛してますけどね』と思っていたワケです。心の中で。
だから
「それって誰でもいいわけじゃないよね」って。
「新郎くんの場合は奥さんやったからそう思えたんやよね」って言いました。

私がどんなにひどい事をされても、どんなにひどい事を言われても
それでも変わらずずっと好きだけど、
彼にとってソレは自分の自信に繋がる事ではないんだな、って。

私はずっと安定する場所が欲しいと思っていて。
相手にとっても私が安定する場所でありたくて。

こういうのって双方の気持ちがいるもんなぁ。
でも、私は彼を愛し続ける。
だって、もう今更嫌いになれません。
嫌いになるならもっと昔に嫌いになってた。

何年も昔、普遍的なものなんてない!って彼は言っていて。
相当辛い時期だったんだと思う。
何も信じられない時期だったのかもしれない。
それでも私は普遍的なものはある!って言い続けて。
それは私が彼を好きでいる気持ちの事を指してたんだけど。

正直な事を言うと、その当時は普遍的なものはある!って意地で言ってた。
でも、ここまで来たらもう意地なんかではないなぁ。
本気で普遍的なものってあるんだなぁって自分で思う。

彼と再会して、好きになって。
また会わなくなって、他の人を好きになってみて。
その人の事、ホントに好きだったけど、
好きの内容が違っていて。
結局、彼が好きなんだ、と思い知らされて。

好きだから離れたいと考えて。
それも間違いだったと気付かされて。

もう仕方ないね。
好きなもんは好きって事で。
スポンサーサイト
03:44  |  日常  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2012.01.28(土) 16:48 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://vivablog.blog47.fc2.com/tb.php/714-165cbf3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。